“職場向け”なバレンタインギフトって?
編集部オススメの品をピックアップ!

来週に迫ったバレンタインデー。日頃お世話になっている同僚や上司へ贈るギフト、もうお決まりですか? “職場向け”なバレンタインチョコレートの条件を1つ挙げるなら、お手頃価格と“しっかり感”のあるルックスが、外せません。くわえて、相手との関係や味の好み、渡す方法を加味すれば、どんなギフトが喜ばれるのか自ずと見えてくるでしょう……。というわけで今回は、過去に新宿スイーツ編集部がレビューしたチョコレートの中から、職場向けにオススメしたい品を3つ、ご紹介しましょう。

配りやすさ重視なら

複数部署をまたがって、バレンタインギフトを配るという方。そうなると、まとまった数が入っていて、個装のチョコレートが良いですよね。この2つの条件を見事に満たしているのが、キットカット ショコラトリー(KITKAT Chocolatory)の「I ♡ FRUITS」です。その名の通り、ストロベリー/ブルーベリー/ラズベリー/パッションフルーツ/ゆずといった、フルーツフレーバー5種10本がセットになっています。


“サクサクのウエハース×甘~いチョコ”から生まれるおいしさは、おなじみ“キットカット”そのまま。手を汚さずに食べられるところも、職場用ギフトとして優等生な品です。「お1つどうぞ~♪」なんて言いながら、職場の方々へ渡してみてはいかがでしょうか?

カジュアル&オシャレなギフトをお探しなら

気の合う同僚にギフトを贈るなら、カジュアルな雰囲気のチョコレートがオススメ。さらに、“話のタネ”にもなりそうな品がいいですよね。そこでオススメしたいのが、コンパーテス ショコラティエ(Compartes Chocolatier)の「ロシアンスカル」。“ドクロ”を前面に押し出した同ブランドらしいデザインは、男性ウケ抜群でしょう。
名前に“ロシアン”が入っている理由は、チョコレート5種のうち1つが、激辛フレーバーの「デンジャー」だから。プレーン/ラズベリー/オレンジ/アールグレイを引き当てられなければ、悶絶級な辛さの餌食に……。「デンジャー」が入っている位置はボックスごとに異なるので、確実に避ける方法はありません(笑)。前述の4種は普通に食べやすくておいしいので、ギフトとしてもちゃんと成立しますよ。ただし、辛いものが苦手ではないか、渡す相手に確認しておくと良いでしょう。

お酒好きの上司へ贈るなら?

日頃からお世話になっている上司に贈るギフト。何を選ぶか悩んでしまいますよね。上司がお酒好きの方なら、賛否両論の店主監修による「ペカンナッツショコラ 酒粕&和酒」がオススメです。
こちらは、“酒粕”と“和酒”が使われたチョコレートで、ペカンナッツを包んだ品。口の中で弾けるナッツの食感と香ばしさが、お酒&チョコレートの風味と見事に調和しています。学術書のような雰囲気をまとったパッケージも、年上の方への贈り物としてぴったりです。

ご紹介した3つの中に、気になるギフトはありましたか? 詳細が気になる方は、ぜひ各記事にアクセス&店頭でチェックしてみてくださいね。
»キットカット ショコラトリー 公式サイト
»コンパーテスショコラティエ 公式サイト
»賛否両論 公式サイト

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。

1 Comment

Comments are closed.