セレクションボックス1
アヴァンチュール
[ サロン・デュ・ショコラ ]

ショコラ好きが待ちに待った年に1度の祭典、いよいよスタートです! 1月22日から28日までの1週間(一般会期)、新宿NSビル地下1階=イベントホールにて、サロン・デュ・ショコラ 2018が開催されます。当編集部では、一般会期に先駆けて行われた、“エムアイカード特別ご招待日”の初日、1月20日に会場を訪問しました。

さまざまなブランドのさまざまな品を購入し、会場内の食べ歩きも満喫した編集部。最後に訪れたのは……、「サロン・デュ・ショコラ」限定となるセレクション・ボックスのブースです。これを買わないと、帰れませんよね。

今回は、16個入りの「アヴァンチュール」(税込9,504円)、12個入りの「GOKAN」(税込7,020円)、10個入りの「大地とショコラ」(税込6,696円)、7個入りの「ワールド チョコレート マスターズ」(税込3,780円)という4種類のボックスが販売されています。どれもお高いですが……、迷ったときは大きいものを買いましょう(笑)。ということで、、16個入りの「アヴァンチュール」を購入してきました。

参加しているのは、フィリップ・ベル/オリヴィエ・ヴィダル/フランク・ケストナー/クリスティーヌ・フェルベール/クリスチャン・カンプリニ/フレデリック・アヴェッカー/ダヴィド・カピィ/ジャン=シャルル ロシュー/モリ・ヨシダ/オテル・デュ・キャップ エデン=ロック/ジャン=ポール・エヴァン/パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/アンリ・ルルー/フィリップ・ジロット/ニコラ・ベルナルデ/フランソワ・ジメネーズ、という合計16ブランド。こうして名前を並べているだけで、その華やかさにため息が出ます。まさに。サロン・デュ・ショコラ 2018を凝縮したようなひと箱ですよね。

そして、いずれもショコラの可能性を広げるような味になっているのがポイントです。ボックスとなる「アヴァンチュール」は、“冒険”や“挑戦”といった意味をもつフランス語。これをテーマに、世界のトップショコラティエたちが、新たな作品を造り上げたわけですね。

例えば、フィリップ・ベルによる「カジュリュリー」は、カレー風味のカシューナッツプラリネを使ったもの。ジャン=シャルル ロシューの「アイスベルグ(氷山)」は、ミントのプラリネ。アンリ・ルルーの「アンナ」は、ほうじ茶風味のマジパンとほうじ茶のガナッシュを使用。いつもとは違う食材にチャレンジするショコラティエ、お気に入りのカカオからさらなる味を引き出そうとするショコラティエ、あえて定番の味にプラスアルファを加えるショコラティエ……など、そのアプローチは多種多様。まさに冒険、まさに挑戦ですね。

1粒1粒、取り組みの意味を感じながら味わうもよし。リラックスタイムのお供として、ゆっくりとした時間に味わうもよし。ショコラティエたちのクリエイティビティーを感じながら、大事に大事に食べたいひと箱でした。

[DATA]
購入場所:新宿NSビル地下1階=イベントホール
ブランド:サロン・デュ・ショコラ
価格:9,504円(税込)
購入日:2018年1月18日
消費期限:約2週間(2018年2月8日)
保存方法:湿気の少ない涼しい場所(15℃~18℃が適温)に保存
内容量:16個
特定原材料:乳、小麦

原材料名
砂糖、ココアバター、カカオペースト、カカオマス、生クリーム、全粉乳、バニラビーンズ、カカオ豆、バター、ぶどう糖、転化糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、食塩、白ごま、黒こしょう、きび砂糖、牛乳、あんず、オレンジ果汁、脱脂粉乳、カシューナッツ、しょうが、赤ピーマン、ラズベリー、乳等を主要原料とする食品、オレンジ果皮、パッションフルーツ、ミント、ラベンダー、ほうじ茶、米、とうもろこし(遺伝子組み換えでない)、小麦粉、乳糖、カレーパウダー、カルダモン、水あめ、トンカ豆、黒ごまペースト、食用オリーブ油、セドラ、リキュール、大麦麦芽エキス、グレープシードオイル、乳清、乳化剤(大豆由来)、ソルビトール、香料、炭酸、ゲル化剤(ペクチン:りんご由来)、酸味料、安定剤(カラギーナン)、着色料(酸化チタン、黄4、青2、青1、黄5、赤40、赤102、コチニール色素)
»サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト




サロン・デュ・ショコラ/新宿NSビル地下1階=イベントホール

購入店舗所在地
新宿NSビル地下1階=イベントホール[ サロン・デュ・ショコラ ]
※この記事の情報はすべて、購入日時点のものです。

Our Rating

2 値ごろ感

9 ルックス

9 食感

9 満足感

合計16ブランドが参加している、「アヴァンチュール」がテーマのセレクションボックス。カレー風味、ミント使用、特別なカカオなど、アプローチは多種多様で、クリエイティビティーを感じるひと箱。

1 Comment

Comments are closed.