ペカンナッツショコラ しょうゆ
[ 賛否両論 ]

「日本一予約が取れない店」ともいわれる、東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」。ここのオーナー兼シェフである笠原将弘さんが監修されたというチョコレート菓子を、小田急百貨店のバレンタイン催事「ショコラ×ショコラ」会場で発見しました。手ごろな値段で購入できることや、“和”をテーマにした独特の仕上がりから、「会社の義理チョコにちょうど良い」と人気なんだそうです。

テレビでも話題のシェフが監修したチョコレート、しかも手ごろな価格で義理チョコにもってこいとなれば、そこに人だかりができて当然。一人で10個20個と買っていく人たちが並び、お店の前にはプチ行列が発生していました。編集部としても話題のものは見逃すわけにいきません。行列に並んで、試食にも使われていた人気商品「ペカンナッツショコラ しょうゆ」をゲットしてきました。

早速開けてみると、シンプルでクールなパッケージとは真逆の真っ白な粒から、甘~い香りが漂います。「相当甘いのかな?」などと思って一粒口に入れてみると……、甘さよりも先に醤油のしょっぱさがやってきました! しかし、ほどなくホワイトチョコレートの甘さとマッチして絶妙なバランスに。ペカンナッツの香ばしさと歯ごたえもまた、口どけの良いチョコレートと相性抜群です。最後の最後までしょうゆの香ばしを感じられる、新感覚のチョコレート。お酒の肴にちょうど良いと感じた一品です。

派手なパッケージになりがちなバレンタインギフト。「会社にはちょっと」「私のキャラじゃない……」なんていう、ピンクのかわいいバレンタインチョコに辟易しているという方は、賛否両論をぜひご検討ください。どれもシンプルでありながら高級感のあるパッケージで、男性もきっと持ち帰りやすいと思いますよ。味も男性向きな仕上がりだと感じました。会社の上司や同僚に贈るチョコとして、ぜひご検討ください。

[PR] 高島屋オンラインストアへ

[DATA]
購入場所:小田急百貨店 新宿店 本館11階=催物場
ブランド:賛否両論
価格:600円(税込)
購入日:2016年1月31日
賞味期限:約3ヶ月半(2016年5月3日)
保存方法:冷暗所(23℃以下)で保存
内容量:50g
特定原材料名表記:小麦、乳、大豆使用
原材料名
ペカンナッツ、ココアバター、砂糖、全粉乳、粉糖(グラニュー糖、コーンスターチ)、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳、粉末醤油、加工でん粉、乳化剤、香料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
»小田急百貨店 新宿店 公式サイト
»ショコラ×ショコラ 紹介ページ
»賛否両論 紹介ページ

sanpi-ryoron_pecannutschocolat-soysauce4
sanpi-ryoron_pecannutschocolat-soysauce2-1
sanpi-ryoron_pecannutschocolat-soysauce1

賛否両論/小田急百貨店 新宿店

購入店舗所在地
小田急百貨店 新宿店 本館11階=催物場[ 賛否両論 ]
※この記事の情報はすべて、購入日時点のものです。


Our Rating

9 値ごろ感

6 ルックス

8 食感

7 満足感

有名シェフ監修の和×チョコレートな一品。チョコレートの甘さとしょうゆのしょっぱさが調和し、絶妙な仕上がり。ペカンナッツのほろほろとした食感も楽しい。

1 Comment

Comments are closed.