110ものブランドが集結!
2019年の「ショコラ×ショコラ」@小田急百貨店 新宿店
イベントレポート
[ 甘コラム ]

注目のショコラティエや有名ブランドが一堂に会する、小田急百貨店のバレンタイン催事「ショコラ×ショコラ」。新宿では、新宿店本館11階=催物場にて、1月26日~2月14日にかけて開催中です。編集部は開催初日に会場を訪問し、ショコラをどっさり購入してきました。早速、レポートをお届けしたいと思います。

国内外からこだわりショコラが大集合

今年は“シェアして楽しむ”をテーマに、110のブランドが集結。海外ショコラティエ/日本発のショコラ/みんなでシェアして楽しみたいチョコレート/タブレットショコラほか、さまざまなテーマに合わせてバラエティ豊かにショコラをラインナップしています。

イベントテーマに沿った“シェアチョコ”としては、ル・コントワール・ド・マチルド(Le Comptoir de Mathilde)の「ピザチョコ(400g)」や、「ソーセージ型チョコ&カマンベール型チョコ(150g)」にご注目。切り分けて食べられるので、パーティなどで重宝しそうです。

「海外ショコラティエ」には、ベルギー・ブリュッセルのみに店舗を持つ王室御用達ブランド、ヴァンデンダー(Van Dender)や、フランスの権威あるチョコレート職人最優秀賞を5年連続で受賞しているル カカオティエ(Le Cacaotier)、あの“ブルガリ”が手がけるブルガリ イル・チョコラート(BVLGARI IL CIOCCOLATO)ほか、トップショコラティエの技を堪能できるブランドが集まっています。

「日本発のショコラ」としては、山梨県清里高原で焙煎から仕上げまでの全行程を手がけるショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)や、東京都の白金台に位置するレストラン・結婚式場“八芳園”によるkiki(季季)などが出展。日本人ならではの美学と繊細な表現に彩られた、珠玉のおいしさを楽しめるでしょう。

無焙煎のローショコラでカカオ本来の味を楽しめるラーカチョコレート(Raaka Chocolate)や、デンマークで人気のショコラトリー、ピーター バイヤー(Raaka Chocolate)などなど、他にも気になるブランドは盛りだくさん。会場を訪れるだけでも、“ショコラ通”の方は楽しめるでしょう。


編集部が会場に到着したのは、1月26日の11時ごろ。会場内は賑わいつつもほど良い混み具合で、並ばずスムーズに購入できる状況でした。訪れた多くのブースで試食させていただけたのは昨年同様。詳細は後述しますが、目を見張るおいしさに感動して、その場で購入を決めたショコラもありました。

アイスを中心にイートインも充実

会場内には飲食スペースが設けられており、イートインメニューも豊富です。ドモーリ(DOMORI)やピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)ほか、さまざまなブランドが手掛けるスイーツを楽しめます。買い物を終えてひと休みモードな編集部が購入したのは、マックスブレナー(Max Brenner)の「グリーンティーチョコレートサンデーwithストロベリー」(税込:800円)です。


写真をご覧いただくと、そのボリュームがお分かりいただけるでしょうか。こちらは、マックス ブレナー自慢のホワイトチョコレートチャンクと、グリーンティー&バニラのアイス、ストロベリーソースが一体となったサンデー。イチゴの爽やかな酸味もたまらないおいしさで、ペロリと完食しました。グリーンティーとストロベリー、その相性の良さには正直驚きです。

編集部が注目した3ブランド

ここからは、新宿スイーツ編集部が実際に購入&レビューした商品をもとに、レコメンドしたい注目ブランドを3つ挙げていきたいと思います。


1つ目は、男心くすぐるショコラを数多く展開しているメゾンショーダン(Maison Chaudun)。以前ご紹介した「モントル デュ ショコラ オレ」も、ブースに並んでいました。編集部が今回購入したのは、良質なペカンナッツをショコラでコーティングした「ペカンショコラアソート」(税込み:1,836円)。カリっとしたナッツの食感と、キャラメル/ココア/抹茶/和三盆といった4種の味を楽しめます。


2つ目は、試食でいただいた“柚子”ショコラに感動して、購入を決めたkiki(季季)。前述の通り、八芳園が手がけるショコラブランドで、日本の季節・庭園の四季をイメージした商品を展開しています。会場で購入したのは、「バレンタインセレクション 3個入」(税込み:1,296円)。植樹から実りまでに15年以上を要するという、実生ゆずの果汁が使われた「柚子」/炭とカカオのコク深さが楽しめる「竹炭」/日本酒を絞った後に残る酒粕のうまみを生かした「酒粕」がセットになっています。素材の上質さだけでなく、カカオとの配合にもこだわりが感じられる逸品です。


最後に紹介するのは、ラスク専門店のラトリエ モネイ(L’atelier Monei)です。小田急限定商品の「アムール」(税込み:1,836円)は、華やかでオシャレなデザインのハンドメイドラスク。サクッと軽~い食感で万人受けしそう&フォトジェニックなルックスが素敵です。コーヒーチョコレート/ストロベリーチョコレート/抹茶チョコレート/ビターチョコレート/ホワイトチョコレートの5本入りで、バラエティ豊かな味わいを存分に楽しめます。

訪問前に会場マップをチェック

選りすぐりのブランドが、一堂に会する「ショコラ×ショコラ」会場。会場はほどよい広さですが、無計画ではどのお店を訪れたのか分からなくってしまう……かもしれません。編集部が入手してきたマップを掲載しますので、小田急百貨店 新宿店の会場に足を運ぶ前に、目当てのブランドがどこにあるかぜひチェックしておいてくださいね。


※クリックで拡大します。

[開催情報]
開催地:小田急百貨店 新宿店 本館11F=催物場
期間:2019年1月26日(土)~2月14日(木)
»ショコラ×ショコラ イベントページ

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。