火山島で育ったレアなカカオを使用! キットカット ショコラトリーから、「サブリム ボルカニック」シリーズ新発売
[ ニュース ]

キットカット ショコラトリー(KITKAT Chocolatory)は、火山島産のカカオから作る「ボルカニックチョコレート」を使用した「キットカット ショコラトリー サブリム ボルカニック」シリーズの販売を、1月15日(火)より開始しました。

「ボルカニックチョコレート」は、世界総生産量のわずか0.2%しかないという、火山島で育った希少なカカオから使用したチョコレート。火山島特有の豊かな土壌が生み出す、独特の果実味や酸味、地底深くから湧き出るマグマや大地のような力強さを感じさせる味わいが特長なのだそうです。

バレンタインに向けて今回発売されるのは、「キットカット ショコラトリー サブリム ボルカニック」シリーズの「バヌアツ マレクラ」、「パプアニューギニア カルカル」、「フィリピン ミンダナオ」。全国8店舗の「キットカット ショコラトリー」および通販サイトでの販売となります。新宿エリアでは、新宿タカシマヤの店舗にて購入可能です。

火山島から生まれた神秘的なチョコレート

▼サブリム ボルカニック バヌアツ マレクラ


このカカオは、バヌアツの約80ある島々の一つ、自然溢れるマレクラ島の農園で栽培されています。湧き出る酸味と糖蜜のようなかぐわしい甘み、マグマや大地のような力強さを感じさせる香りと味わいが特長。マレクラ島に吹く風が、周りの島々から火山灰を運び豊かな土壌をつくるとともに、このような火山島のパワーを秘めたカカオを育むのだそうです。

[DATA]
価格:400円(1本・税抜)
▼サブリム ボルカニック パプアニューギニア カルカル


南西太平洋最後の楽園とも言われるパプアニューギニア産のカカオを使用。長老たちの祝福を得てはじめて足を踏み入れることが許されるという、カルカル島ウルマン山の麓で栽培されています。ラズベリーや葡萄のようなフルーティーなみずみずしさが特長的で、鮮烈なカカオ感がありつつも、森やシャンピニオン(仏語:マッシュルーム)のような香りとも表される、軽やかで爽やかな余韻を楽しめるそうです。

[DATA]
価格:400円(1本・税抜)
▼サブリム ボルカニック フィリピン ミンダナオ


このカカオは、フィリピンで唯一カカオが育つ地域であるミンダナオ島で栽培されています。優しいグレープフルーツのような酸味からチェリーのような甘酸っぱさまで、口の中で次々と変化する果実感と、スパイシーさが混ざり合う複雑な味わいが特長的。湧き上がるマグマを思わせる、パワフルで情熱的な味わいを楽しめるそうです。

[DATA]
価格:400円(1本・税抜)
▼キットカット ショコラトリー サブリム ボルカニック アソート 3本


ボルカニックシリーズ3種を各1本ずつ詰め合わせた、食べ比べに便利なセット。

[DATA]
価格:1,300円(3種各1本・税抜)
▼キットカット ショコラトリー サブリム ボルカニック アソート 7本


ボルカニックシリーズ3種に加えて、ビター/ミルク/ホワイト/ルビーの定番チョコレート4種を各1本ずつ詰め合わせたセット。
[DATA]
価格:2,600円(7種各1本・税抜)
販売開始:2019年1月15日(火)
販売場所:キットカット ショコラトリー常設8店舗 (都内4店舗、大阪3店舗、川崎1店舗)、キットカット ショコラトリー ポップアップ(全国約50ケ所)、キットカット ショコラトリー通販サイト(ネスレ通販オンラインショップ、amazon、楽天、LOHACO)
»キットカット ショコラトリー公式サイト
[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。