パティスリー キハチ、縁起のよい市松模様のケーキを年始5日間のみの限定で販売
[ ニュース ]

パティスリー キハチ(PATISSERIE KIHACHI)の各店舗(一部店舗を除く)では、縁起のよい白と黒の市松模様に仕立てた新年スイーツ「ボナネ」を、2019年1月1日(火)から5日間限定で販売します。「ボナネ」はフランス語で“あけましておめでとう”の意味。2種類のパウンド生地とショコラクリームを使い、縁起のよい市松模様に組み立てています。表面にはほろ苦いキャラメルグラサージュ、上には渋皮栗の甘露煮、金箔を飾った美しい一品です。販売期間はわずか5日間ですが、おめでたいお祝いの席にチョイスしてみてはいかがでしょうか。新宿エリアでは、伊勢丹 新宿店で購入可能です。

新年のお祝いにぴったり

フランス語で“あけましておめでとう”を意味する「ボナネ」は、一年の内たった5日間しか販売しない年始限定ケーキ。アーモンドたっぷりのプレーンとココア、2種のパウンド生地に、ラム酒を加えたほんのり栗が香るシロップをたっぷりと染み込ませ、ショコラクリームとともに縁起の良い市松模様に組み立てています。表面にはほろ苦いキャラメルグラサージュ、上には渋皮栗の甘露煮と金箔があしらわれた、華やかなデザインになっています。

ちなみに、2色使いの格子柄である市松模様は、江戸時代に歌舞伎役者の“佐野川市松”が、衣装に使用して、その名が広まったとされています。また、その演目が好評だったことから、縁起が良いとされるようになったとのことです。

[DATA]
価格:1,944円(税込)
販売期間:2019年1月1日(火)~1月5日(土)
※店舗により取扱商品が異なります。
※販売期間は変更となる可能性があります。
»パティスリー キハチ公式サイト

[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。