フランスの伝統菓子で新年を祝う♪ パティスリー・サダハル・アオキ・パリ、「ガレット デ ロワ」2品を販売
[ ニュース ]

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(Patisserie Sadaharu AOKI paris)は、新年のお祝いに欠かせないフランスの伝統菓子「ガレット デ ロワ」を、国内直営全5店舗と公式WEBサイトにて販売します。国内直営店舗では、2018年12月29日(土)より販売スタート。新宿エリアでは、伊勢丹 新宿店で購入可能です。

濃厚なアーモンドクリームがたっぷり

▼ガレット デ ロワ
フランス産発酵バターを使用した香り豊かなサクサクのパイ生地に、濃厚なアーモンドクリームをたっぷりと忍ばせた、伝統的なスタイルのガレットデロワです。口の中でほろっと崩れる食感が魅力。

[DATA]
価格:3,240円(税込)

愛知県西尾産の抹茶使用のアーモンドクリーム

▼ガレット デ ロワ マッチャ
愛知県西尾産の抹茶を使用したアーモンドクリームを、フランス産発酵バターが香るパイ生地で包んだ品。抹茶の風味豊かな味わいと、バターの芳醇な香りが絶妙にマッチしています。

[DATA]
価格:3,456円(税込)

“フェーヴ”とは?

「ガレット デ ロワ」は、フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子。家族や仲間とケーキを切り分け、中から“フェーヴ”と呼ばれる小さい陶器が出てきた人は王冠をかぶって、その幸運を皆から祝福されます。その幸運は1年続くのだとか。

今年のフェーヴは「アンディビジュアル」です。「ガレットデロワ」の中には、フェーヴの代わりにアーモンドが1粒入っており、ホール1つにつき、フェーヴと王冠(各1個)を別添えで付けてあります。
※フェーヴの種類は選べません。
販売店舗:国内直営全5店舗、公式WEBサイト
販売期間:2018年12月29日(土)~2019年1月17日(木)(予定) ※1月1日を除く。年末年始の定休日は各店で異なる。
WEBサイト注文受付期間:2018年12月14日(金)正午12時~2019年1月11日(金)正午12時(予定)まで。
お届け期間:2018年12月30日(日)・31日(月)、2019年1月9日(水)~17日(木)の期間で選択可能。 ※注文日によっては、希望のお届け日で選択できない場合あり。
»パティスリー・サダハル・アオキ・パリ公式サイト

[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。