ヒルトン東京が、レトロ可愛いデザートフェア「ジャポニズム~花よりマカロン」を開催
[ ニュース ]

西新宿にあるヒルトン東京。同ホテルのマーブルラウンジは、「ジャポニズム~花よりマカロン」と題して、大正ロマンを思わせるレトロ可愛い世界感で、季節のフルーツやパステルカラーを用いた姫スイーツやマカロンなど約30種類をお楽しみいただける新たなデザートフェアを開催します。期間は2018年6月1日(金)~9月30日(日)まで。

エグゼクティブ・ペストリーシェフ、播田 修氏による愛らしいデザートと共に、大正時代の女学生の流行語、「とてたま」(とてもたまらない)の世界に浸るひと時を過ごすことができるとのこと。

大正時代のお嬢様のお部屋を思わせる一角は、シャンデリアやマトリョーシカ、レトロ可愛い香水の瓶と共に、モダン着物のカリスマ・豆千代の着物が詰められたクローゼットも登場。さらに、丸窓障子と竹が飾られる一角には、幻想的なプロジェクションマッピングで花びらや蝶が舞う演出も楽しめます。

ヒルトンが贈る姫スイーツ

洋と和が可愛らしく調和する空間でいただけるのは、暑い夏でもさっぱりと楽しめる旬のフルーツを用いたケーキや涼しげなグラススイーツ、パステルカラーのマカロンなど、約30種類の“姫スイーツ”。

しっとりとした歯触りを楽しめるマカロンの上に、カシス・ラズベリー・蘭のアロマが香る半円型ムースを乗せた新作「とてたまマカロン」。ほのかな桜の香りとグレープフルーツの爽やかな酸味、タルトのサクサク感が楽しめる「さくらふわりピンクグレープフルーツのタルト」。塩味の効いたココナッツケーキに、まるでウサギのしっぽのようなクリームが加えられた「ラパン・ブラン ソルティーココナッツ&アプリコット」など、どれも世界観を持つスイーツばかりです。

デザートブッフェでは、スイーツのほかにも、サンドイッチやキッシュといった軽食も、日替わりで登場。ティータイムとしてのみならず、遅めのランチとしても楽しめそうですね。また、着物、浴衣での訪問は、グラスロゼスパークリングワインをプレゼントとのこと。「とてたま」の世界にたっぷり浸るためにも、着物or浴衣での訪問をオススメしますよ。ちなみに、「お誕生会」としての利用でも、全員にグラスロゼスパークリングワインがプレゼントされるそうです。

▼晴れ着のルージュ


▼テフテフショートケーキ


▼ペッシュ・ミニヨン


▼ベリーとヴァニラのパルフェ


[DATA]
会場:マーブルラウンジ(ヒルトン東京1F)
期間:2018年6月1日(金)~9月30(日)
営業時間:14時30分~17時30分
料金:大人3,900円、子ども2,500円/土・日・祝日 大人4,050円、子ども2,600円
※コーヒーまたは紅茶(アイス・ホット)付き
※消費税、サービス料別途
»公式サイト

[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。