「チョコパイ」が「“生”チョコパイ」に進化! ロッテが1年間限定で販売
[ ニュース ]

1983年の発売以来、ロングセラーを続けるロッテの「チョコパイ」。同品が、鎧塚俊彦シェフ監修によって、まるでケーキのような生品質の「“生”チョコパイ」へと進化。ナイフとフォークで味わう贅沢な「チョコパイ」として、専門店にて限定販売されます。

この「“生”チョコパイ」専門店は、2018年4月19日(木)から1年間限定で、京王百貨店 新宿店にオープン。百貨店への出店は、1948年の創業以来、ロッテ史上初めての試みになります。

4種類をテイクアウトにて販売


まるごと苺とピスタチオで仕上げた「FRAISIER(フレジェ)」、宇治抹茶と焙煎くるみで仕上げた「UJI MATCHA(宇治抹茶)」、中煎りモカコーヒーと自家焙煎のマカダミアで仕上げた「ETHIOPIA MOCHA(エチオピア モカ)」、ラム酒とカリフォルニア産レーズンを漬け込んだ自家製ラムレーズンで仕上げた「BABA」。
この4種類をテイクアウトにて購入可能です。

[DATA]
店舗名:“生”チョコパイ専門店
所在地:東京都新宿区西新宿1-1-4 京王百貨店 新宿店 中地階 菓子売場
期間:2018年4月19日(木)から1年間
»株式会社ロッテ公式サイト

[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。