日本のいちご第1号は新宿御苑で栽培された!? 伊勢丹 新宿店による「福羽いちご」と和菓子のコラボに大注目!
[ ニュース ]

日本第1号のいちごといわれる「福羽いちご」。120年前に新宿御苑で栽培され、現在は一般に流通していないそうです。同じく新宿に所縁を持つ伊勢丹 新宿店は、その「福羽いちご」を使った和菓子とのコラボレーションを企画。3月7日(水)~20日(火)の期間限定で販売します。

少し酸味があるという「福羽いちご」は、和菓子との相性も良さそうですね。

大福にババロア、どら焼きなどどれも「福羽いちご」づくし

▼<鈴懸>福羽いちごの苺大福


福羽いちごのかすかな酸味と上品なこし餡が絶妙なコンビネーション。

[DATA]
販売日:3月7日(水)、14日(水)、20日(火)のみの販売 ※各日10点限り
価格:864円
福羽いちごフラワーババロア


いちごババロアに福羽いちごとエディブルフラワーゼリーのデザート。

[DATA]
販売日:3月8日(木)、15日(木)のみ販売 ※各日20点限り
価格:1080円
▼<御笠山>福羽いちご


福羽いちごのジャムを使用したどら焼き。餡の甘さを控えめにし福羽いちごのほのかな酸味を感じる味わい。

[DATA]
販売日:3月7日(水)~20日(火)※各日30点限り
価格:216円

[DATA]
販売店舗:伊勢丹 新宿店
»伊勢丹 新宿店公式サイト

[参考情報]
»プレスリリース

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。