新作ショコラが続々登場!
「2019 アムール・デュ・ショコラ」@新宿タカシマヤ
イベントレポート
[ 甘コラム ]

全国のタカシマヤにて開催されている「アムール・デュ・ショコラ(Amour du Chocolat! )」。新宿タカシマヤでは11階 特設会場にて、2月14日(木)まで開催中です。新宿スイーツ編集部では、開催初日に会場を訪問してきました! 今年も大盛況の本イベント、その見どころや注目ブランドなどを、まとめてお届けしましょう。

世界中のショコラトリーが大集結!


約150ものブランドが参加しているという、今年の「アムール・デュ・ショコラ」。注目テーマの1つが、“第4のショコラ”として話題を呼んでいるルビーチョコレートです。公式カタログでも「「What is Ruby Cacao Bean? 」」といった特集が組まれており、注目度の高さがうかがえます。

「アムール・デュ・ショコラ」では、モンロワール(monloire)やベルアメール(belamer)、メサージュ・ド・ローズ(message de rose)など日本発の高級ブランドや、フランスの有名ショコラトリー。ブノワ・ショコラ(Benoit Chocolats)などが、ルビーチョコレートを使ったショコラを販売していました。

そのほか、スペイン王室御用達のショコラトリー、カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)や、ベルギーの老舗パティスリーであるヴィタメール(wittamer)、高級ブランドとして世界的にも名高いピエール・マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)など、憧れの高級ブランドが多数出店。見どころ、食べどころ豊富です。

編集部が会場に到着したのは、1月25日の10時ごろ。開店直後の時間帯ということもあり、売り場は多くの人で賑わっていましたが、「商品を買うために長時間並ばないといけない……」というほどでもなく、どのブースでも5分以上待つことなく、サクサク購入できました。ただ、土日やバレンタイン間近は混雑が予想されますので、ご注意ください。

「アムール・デュ・ショコラ」の開催時間は、朝10時から夜の8時まで(最終日は午後6時閉場)。金曜日と土曜日は午後8時30分までオープンしているため、仕事終わりの方でも立ち寄りやすいでしょう。

イートインコーナーも充実

パッケージ販売だけでなく、テイクアウトメニューを提供している点も「アムール・デュ・ショコラ」の魅力です。会場内の一部のブースでは、買ったその場で食べられるスイーツも販売しています。編集部が今回購入したのは、「堂島ロール」で有名なモンシェール(Moncher)の「堂島チョコレートサンデー」。


バニラ&ショコラのミックスソフトの上に、堂島ロールをまるっと1切れ乗せた贅沢な一品です。食べてみると、ソフトクリームのひんやり感がたまりません。買い物を終えて熱くなった体を冷ますのに、ぴったりでした。

また、新宿タカシマヤの「アムール・デュ・ショコラ」では、「一粒ショコラ」という企画も実施中。イベント会場で販売されているショコラを、一粒から購入可能です。「しっかりと味見をしてからショコラを買いたい! 」という方にオススメですよ。

編集部おすすめの3ブランドを紹介♪

ここからは、新宿スイーツ編集部が実際に購入&レビューした商品を元に、注目のブランドを3つ、ご紹介したいと思います。


最初にピックアップするのは、ゴンチャロフ(Goncharoff)です。「アニマルショコラ」シリーズがとにかく人気で、当サイトでも毎年購入&紹介しています。今回編集部が購入した「アニマルショコラ D(6個入)」は、今年の干支・亥にちなんだ新作「うりぼう」も入った詰め合わせ。動物たちの表情がとってもキュートで、食べるのがもったいなく感じてしまいますね。なお、ゴンチャロフの売り場には調理スペースが併設されており、可愛い動物たちの顔が描かれていく様子をご覧いただけます。


2つ目は、カカオ サンパカをご紹介しましょう。バルセロナに本店を構える、スペイン王室御用達ブランドです。「アムール・デュ・ショコラ」で購入してきたのは「ラフォルス 5個入」。なめらかな舌触りとカカオの後味が特長的な、高島屋限定アソートメントなのですが、なんと“ARカード”が同封されており、スマートフォンをかざすことで、とあるコンテンツを体験できます。気になる内容は……、買ってからのお楽しみです(笑)。


最後に紹介するのは、デリス・デ・センス(Delices des Sens)。ショコラティエのヨハン・ラヴァル氏は、27歳の若さで2018年の「ワールドチョコレートマスターズ」にて準優勝を果たした実力派。今回購入してきた「デリス・デ・センス 髙島屋セレクション」では、ピーチ/マンゴー&パッション/カシスという、3つのフレーバーが香るショコラを楽しめました。宝石のように輝くショコラを口に運ぶと、ガナッシュがとろりと溶けだします。もぎたての果実を食べているかのような味わいには、感動すること間違いなし。「アムール・デュ・ショコラ」で購入してきた中でも、とりわけ印象に残る一品でした。

会場マップで事前に準備!

話題のブランドが一堂に会する「アムール・デュ・ショコラ」。「目当てのブースは、事前に場所を確認しておきたい! 」という方も多いでしょう。編集部が入手してきたこちらのマップをチェックしてみてください。食べたいショコラを探すときは、デジタルカタログも役に立つでしょう。


※クリックで拡大します。

[開催情報]
開催地:新宿タカシマヤ11階 特設会場
期間:2019年1月25日(金)~2月14日((木))
»アムール・デュ・ショコラ 公式サイトへ

※この記事の情報はすべて、掲載日時点のものです。