実は日本生まれ?
意外と知らないホワイトデーの話
[ 甘コラム ]

3月14日はホワイトデー。キャンディやマシュマロ、クッキーにホワイトチョコレートなど、バリエーション豊かなスイーツとともに盛り上がる素敵なイベントですが、皆さんはその起源をご存じでしょうか? バレンタインデーはキリスト教の聖名祝日が由来ですが……。ホワイトデー、実は日本生まれなのです。その由来を編集部でも、ちょっぴり調べてみました。

有力な2つの説

昭和50年頃に始まったと言われているホワイトデー。起源については諸説ありますが、有力な説は2つ。

1つ目は、福岡にある老舗菓子店、石村萬盛堂が昭和53年にスタートした「マシュマロデー」。”男性から女性へマシュマロをお返しする日を作れないか?”と考えた現社長の石村善悟氏が「チョコマシュマロ」を考案。名前の通りチョコをマシュマロで包み込んだスイーツです。翌年の昭和53年3月に、福岡の百貨店 岩田屋(現三越岩田屋)で売りだすとともに、男性から女性にマシュマロを贈る「マシュマロデー」をスタートさせたそうです。ちなみに。「マシュマロデー」が3月14日になった理由は百貨店が一番暇な時期だったからなのだとか。

[参考サイト]
»ホワイトデー誕生秘話 / 石村萬盛堂 ホワイトデーの発祥
ホワイトデーはここからはじまった / 石村萬盛堂 ホワイトデーの発祥


2つ目は、全国飴菓子工業協同組合(以下、全飴協)がキャンディーの販売促進を狙い、バレンタインチョコのお返しにキャンディーを贈るアンサーデーとして催事化したという説。昭和53年6月に3月14日をホワイトデーとして定めた後、その2年後となる昭和55年3月14日に、第1回ホワイトデーとしてはじめてイベント化されたといいます。全飴協がホワイトデーを定める以前は、「ポピーデー」「フラワーデー」「クッキーデー」など、ネーミングが定まっていませんでした。しかし、「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」という考え方のもと、ホワイトデーと名づけられたそうです。

[参考サイト]
»ホワイトデー誕生秘話
ホワイトデー 公式サイト


どちらの説も発祥はほぼ同時期。スイーツを贈る文化を増やしてくれた石村萬盛堂さん、全国飴菓子工業協同組合さんに感謝ですね。

1 Comment

Comments are closed.