“生”チョコパイ〈FRAISIER〉
[ ロッテ“生”チョコパイ専門店 ]

京王百貨店 新宿店のスイーツフロアに、注目の新ブランドがオープンしました。その名も、「ロッテ“生”チョコパイ専門店」。こちらでは、ロッテが誇るロングセラー商品であるチョコパイの進化型、「“生”チョコパイ」が販売されています。店頭には、美しくデコレーションされた、ゴージャスなチョコパイの姿が。ケーキのような“生食感”のチョコパイとは、一体どんな味なのでしょうか。興味津々で、「“生”チョコパイ〈FRAISIER〉」を購入。さっそくレビューしていきたいと思います。

「Toshi Yoroizuka」の鎧塚俊彦シェフ監修による「“生”チョコパイ」。取り出してみましたが、見た目では元祖チョコパイとの差が感じられません。リーフレットにあった「ナイフとフォークでお楽しみください」という但し書きに従い、まずは半分に切り分けてみましょう。淡いグリーンのクリーム&真っ赤なソースがお目見えしてグッとテンション上がります。一口いただいてみると……、甘さ控えめなチョコパイの中から、トロリとした果肉感たっぷりのイチゴが! コクのあるピスタチオクリームも、チョコパイと絶妙にマッチしています。この舌触り、この口どけ。確かに“生”なおいしさですね。オシャレなプレートに乗せ、香りのよい紅茶とともにいただきたい味わいでした。

「ロッテ“生”チョコパイ専門店」の出店期間は、2018年4月19日からの1年間。ぜひ、進化型チョコパイの味をチェックしてみてくださいね。ラインナップは、〈FRAISIER〉のほか抹茶とくるみが入った〈UJI MATCHA〉、中煎りモカコーヒーとマカダミアの入った〈ETHIOPIA MOCHA〉、ラム酒とラムレーズンの入った〈BABA〉の計4種類です。

[DATA]
購入場所:京王百貨店 新宿店 B1
ブランド:ロッテ“生”チョコパイ専門店
価格:540円(税込)
購入日:2018年4月19日
賞味期限:約2日(2018年4月20日)
保存方法:10℃以下で保存
内容量:1個
特定原材料名表示:卵、乳成分、小麦、大豆

原材料名
チョコレート、砂糖、全卵、小麦粉、糖漬け苺、苺ジャム(苺、水あめ、砂糖)、マーガリン、ショートニング、植物油脂、卵白、ピスタチオペースト、洋酒、濃縮苺果汁、水あめ、脱脂粉乳、乳清たんぱく、食塩/乳化剤(大豆由来)、加工でん粉、増粘多糖類、酸味料、香料、膨張剤、着色料(クチナシ、紅麹、カロチノイド)、環状オリゴ糖
»京王百貨店 新宿店 公式サイト
»ロッテ“生”チョコパイ専門店 公式ページ




ロッテ“生”チョコパイ専門店/京王百貨店 新宿店

購入店舗所在地
京王百貨店 新宿店 B1[ ロッテ“生”チョコパイ専門店 ]
※この記事の情報はすべて、購入日時点のものです。

Our Rating

6 値ごろ感

6 ルックス

8 食感

7 満足感

鎧塚俊彦シェフ監修による「“生”チョコパイ」。〈FRAISIER〉は、果肉感たっぷりイチゴソース&コクのあるピスタチオクリームの味わいがたまりません。ナイフとフォークを使い、きちんといただきたいチョコパイです。

1 Comment

Comments are closed.